グループ内での間接費比率削減を目的としたシェアードサービスの導入は、効果が期待できる施策です。また、生産性を向上させるために同じ基準でのKPIをグループ内で比較することは非常に有効な手段です。



これ等の施策で効果を確実に創出するためには、業務標準化、業務システム標準化がポイントになってきます。

その際に海外拠点を含めた複数拠点・複数事業のシステムを標準化するには、ERPおよびクラウドERPを活用することが有効なアプローチです。



海外拠点を含めたグローバル・複数事業環境でのERP及びSaaSの導入のリスクをコントロールし、スムーズに導入するためのポイントを事例を交えて解説します。次のような内容になっています。



- 目次 -
 

1. 始めに
2. 失敗事例
3. ERPグローバル展開事例
4. プロジェクトルールの例
5. まとめ

グローバルでの業務レベル可視化、業務標準化を迅速に実現する 



海外を含めた複数拠点・事業での 海外を含めた複数拠点、事業での  成功する ERP・SaaS導入

グローバルでの業務レベル可視化を迅速に実現する