【海外・複数拠点でのNetSuite導入を成功させるために】

 

グローバル・複数事業環境でのNetSuite導入のリスクをコントロールし、スムーズに導入するためのポイントを事例を交えて解説します。次のような内容になっています。

- 目次 -

1 始めに
2 失敗事例 – 欧州7販社共通システム要件定義
  2.1 プロジェクトの背景
    2.1.1 プロジェクト立ち上げの背景及び目的
    2.1.2 対象国
    2.1.3 対象業務
  2.2 当初の計画
  2.3 実際に起こったこと
  2.4 対応
  2.5 学んだこと
3 ERP(SAP)グローバル展開事例
  3.1 プロジェクトの背景
    3.1.1 プロジェクト立ち上げの背景及び目的
    3.1.2 対象国
    3.1.3 対象業務
  3.2 システムモデル
  3.3 プロジェクト推進(テンプレート構築時)
  3.4 プロジェクト推進(展開時)
4 プロジェクトルールの例 アドオン 4原則
5 ここまでのまとめ
6 NetSuiteグローバル導入方法論
  6.1 フェーズ0:グローバル標準システム導入の合意形成
  6.2 フェーズ1:方向性明確化
  6.3 フェーズ2:テンプレート構築
  6.4 フェーズ3:パイロット導入、展開
  6.5 フェーズ4:効果創出


この資料を無料で入手するには下のボタンをクリックして下さい。

海外進出でのIT立上げを迅速かつ低TCOで実現する



海外を含めた複数拠点、事業での 海外を含めた複数拠点、事業での  成功する NetSuite導入

グローバルでの業務レベル可視化を迅速に実現する

【新たに海外進出を検討されている企業様向け】

​海外ではIT要員の確保・維持が想像以上に難しいのが現状です。このこともあり、システム投資は後回しになりがちです。一方で、海外進出では次のようなリスクがあります。


  1. 業績の把握が遅くなることにより、経営判断の遅れが発生する
  2. 雇用した営業、経理などのキーマンが辞めることで状況把握が困難になる
  3. 成長のスピードが、計画より遅いために資金計画を見直さなければならなくなる

NetSuiteを活用すれば、初期投資を少なく抑え、上記の課題に対応するための情報基盤を入手することが可能になります




​【既に複数の拠点で海外展開されている企業様向け】

間接費比率削減を目的としたシェアードサービスの導入は、効果が期待できる施策です。また、生産性を向上させるために同じ基準でのKPIをグループ内で比較することは非常に有効な手段です。

これ等の施策で効果を確実に創出するためには、業務標準化、業務システム標準化がポイントになってきます。
その際に海外拠点を含めた複数拠点・複数事業のシステムを標準化するには、クラウドERPをNetSuiteを活用することが有効なアプローチです。